立憲民主党の枝野幸男代表は衆院予算委で、東京五輪・パラリンピックについて「国民の命、健康、暮らしを守ることと開催の両立は不可能と言ってもいい」と述べた。(共同通信)