沖縄県の玉城デニー知事は、国際自然保護連合(IUCN)が10日、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産への登録が「適当」と勧告したことに、「改めて喜びを実感している」と歓迎した。11日午前、県庁で記者団に語った。

沖縄・奄美が世界自然遺産に登録勧告されたことを受け、記者団の取材に応じる玉城デニー知事=11日、沖縄県

 知事は、政府や地元町村などの努力に謝意を示した上で「自然環境を保全することが沖縄県の使命だと重く受け止めている」と環境保全への取り組みに意欲を示した。

 保全の具体策として、管理型観光の仕組みづくりのほか、希少種保護に向けた交通事故や密猟の防止、外来種対策を挙げ「継続的なモニタリングが必要だ」と指摘した。

 沖縄本島北部の推薦区域周辺には米軍北部訓練場が広がる。米軍訓練による環境への影響については「沖縄防衛局と連携して情報収集しながら、地元と自然環境の保全保護に向けた取り組みに注力したい」と述べた。