【パリ共同】昨年死去したファッションデザイナーの高田賢三さんがパリの自宅に残した美術品や本人が描いた絵画など遺品400点以上のオークションが11日、パリの競売会社アールキュリアルで行われた。骨董など一部は3万ユーロ(約400万円)を超す価格で落札された。

 パリの競売会社アールキュリアルで、オンラインオークションにかけられた高田賢三さん創作のドレスなどを見る女性ら=7日(共同)

 重要なコレクションと見なされた中国・漢時代の木馬像は手数料抜きで3万2千ユーロ(予想価格2万~3万ユーロ)、20世紀の米写真家の作品は3万6千ユーロ(同2万~4万ユーロ)でそれぞれ落札された。能装束の自画像は2万4千ユーロ(同3千~4千ユーロ)の値が付いた。(共同通信)