新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言は12日、東京、京都、大阪、兵庫の4都府県で5月31日までの延長期間に入った。愛知、福岡両県も追加され対象は6都府県に拡大。多くの人が集まる施設やイベントを巡る休業要請の内容が、業界や地域によって割れる。感染者は拡大傾向が継続し、先行きが見通せない我慢の生活がさらに続きそうだ。

 福岡市の市街地=11日午後

 政府は宣言対象地域の大型商業施設などに対する休業要請を見直し、午後8時までの時短営業を求めている。大規模イベントは入場者を5千人か収容率50%の少ない方が上限だ。

 知事判断での休業要請なども可能なため、東京都では映画館などが対象となった。(共同通信)