神戸市は12日、高齢者の集団接種向けに用意されたファイザー製の新型コロナウイルスワクチン960回分の温度管理を業者が誤ったため、廃棄すると明らかにした。

 市によると、業者が11日午前に市内の3会場に配送した際、保冷ボックスに入れたままにする必要があったが、ワクチンの入った発泡スチロールを取り出して会場にいた委託スタッフに渡し、最長で約3時間、常温のまま置かれていた。同社製ワクチンは常温で解凍した場合、2時間以内に希釈する必要がある。

 神戸市は今後の接種予定に影響はないとしている。再発防止のため、会場では市職員が受け取り、管理する。(共同通信)