東京五輪のスポンサー企業の一つであるNTTの澤田純社長は12日の決算発表記者会見で、新型コロナウイルスの感染急拡大で危ぶまれる五輪開催の是非を問われ「開くべきだと考えている」と強調した。

 澤田氏は、中止を求める論調に対し「やるべきか否かではなく、やるためにどのようなことが必要か、そういう議論を望む」とした。中止になった場合の影響については「既に広告効果は上がっており、全部がなくなるというものではない」と説明した。(共同通信)