中山泰秀防衛副大臣は12日、イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの戦闘に関し「私達の心はイスラエルと共にあります」と自身のツイッターに投稿した。防衛省で記者団から政府としてイスラエル支持と受け取られると指摘され「テロリストのハマスとパレスチナの市民が同一視されていることに懸念があった。日本国民に正しい理解をしてもらいたい」と述べた。「個人の考えだ」とも強調した。

 加藤勝信官房長官は政府方針との違いを問われ「意図を承知せずコメントは差し控える。わが国としてはイスラエル、パレスチナ双方に自制を求める働き掛けを実施した」と述べた。(共同通信)