一軒家の前で省吾(しょうご)が挨拶(あいさつ)すると、目の前に立った年配の女性が「斉田(さいた)です」と言って門扉を開けた。省吾が差し出した名刺をちらっと見て、すぐに視線を戻して口を開く。