【南城】窯元「とうき家~春壽(はるとし)」(市佐敷)は4月22日、羽が生えたシーサー一対を市観光協会に寄贈した。制作した佐野壽雄(としお)さん(65)は「国内外の人が訪れる南城から沖縄が発展し、羽ばたいてほしいという願いを込めた」と語った。