ひきこもり状態にある人や家族との関わりを考える沖縄大学土曜教養講座「ひきこもりをどう捉え、支援していくのか」が2月、同大アネックス共創館であった。沖縄タイムスの又吉嘉例記者と、侍学園スクオーラ今人沖縄校の蟇目(ひきめ)崇校長が県内のひきこもり支援の課題を報告。