千葉県の熊谷俊人知事は13日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が、新型コロナに感染した選手らを受け入れる専用病床の確保を医療機関に求めていることに関し、否定的な考えを示した。記者会見で「県民が使えない形で病床を占有することは考えていない」と述べた。

 千葉県庁で定例記者会見する熊谷俊人知事=13日午前

 組織委から県内の病院が個別に打診を受けたと経緯を明らかにした上で「県内の医療資源に大きな影響が出ないよう組織委に伝えている」と説明した。

 大会開催の是非には「選手側や関係者、県内の医療体制にとって、とても開催できる状況でないと判断されるのであれば、組織委や政府、都も適切に判断されると思っている」と述べた。(共同通信)