政府は13日、バブル崩壊後に就職難となった「就職氷河期世代」を対象にした地方公務員採用試験で、2020年度は677人が採用されたと明らかにした。予定の242人を上回ったほか、通常の中途採用試験でも3017人の氷河期世代が新たに採用された。