沖縄本島南部の沖縄戦跡国定公園内の鉱山開発を巡り、県が自然公園法に基づき、厳正に保護する「特別保護地区」と「特別地域」を拡大する方向で検討していることが13日、分かった。開発に当たって届け出で足りる「普通地域」から知事の許可が必要な特別地区・地域に引き上げ、厳格化する。