【東京】沖縄県宮古島市への陸上自衛隊配備を巡って前市長の下地敏彦容疑者が収賄容疑で逮捕された事件に関し、岸信夫防衛相は14日の記者会見で、下地容疑者からの働き掛けによって配備地を決定した事実はないとの見解を示した。

記者会見で質問に答える岸信夫防衛相=14日、防衛省

 下地敏彦容疑者は市長時代、複数の候補地がある中で、防衛省に「千代田カントリークラブ(CC)」を選定するよう幾度も働き掛けていることが分かっている。

 一方、岸氏は「防衛省として適地でないと判断したにもかかわらず、前市長の提案を受けて千代田CCを候補地に含めたという事実はない」と述べた。

 用地取得の選定過程を再調査する必要性については「防衛省側の対応に問題があったとは考えていない」とし、現時点では不要との認識を示した。警察から要請があれば捜査協力していくと述べた。