島尻勝広農林水産部長は12日の沖縄県議会11月定例会一般質問で、宮古、八重山からの肉用牛などを輸送する船舶が来年10月以降に廃船となる問題で、2015年度の宮古、八重山の肉用牛取引額は99億7千万円で県全体の60%に上ることを明らかにした。