1972年5月15日、沖縄は日本に復帰した。戦後27年続いた米軍統治が終わり、新しい歴史を開いた。復帰運動の先頭に立ち、激動の時代を引っ張った、屋良朝苗知事は新沖縄県発足式典で、「鉄石のような厚い壁を乗り越え、険しい山をよじ登り、イバラの障害を踏み分けてついに」と悲願をかみしめた。以降、沖縄は国の振興策などによって道路や港など社会基盤の整備が進み、県民の暮らしは豊かになった。が、拒み続けた基地は今もなお居座り、穏やかな日々を脅かす。

 ドルから円へ、マイルからキロへ、その日を境に人々の生活は大きく変わった。あれほど盛り上がった復帰運動だったのに、当日の県民の反応はお祝いと抗議に割れ、混乱した。沖縄の「今」が始まった一日を振り返る。(敬称略、肩書は当時)ライトプランの方はコチラから

1972年5月15日、沖縄タイムス夕刊の1面

1972年5月14日午後10時半すぎ 復帰前夜
事故米兵 身柄で騒然

 復帰前夜、沖縄はどしゃぶりの雨だった。

 「世替わり」まで1時間ちょっとと迫った14日午後10時半すぎ、米兵が運転する乗用車が那覇市松山の大典寺前で衝突事故を起こした。ぶつけられた車に同乗していた男性が路上に放り出され病院に運ばれた。

 間もなく、MP(憲兵)カー3台が赤いライトを点滅させ到着。やじ馬や報道陣ら100人近くが集まり、現場は騒然とした。

 「まだ返還前だ」と加害者を連れ去ろうとするMPに、群衆から「あと2時間したら逮捕されるところだ」、罵声が飛んだ。

 そのころ琉球政府の屋良朝苗主席は、ランパート高等弁務官夫妻の送別晩餐会の席にいた。高等弁務官はディナーが終わるとすぐに嘉手納基地へ向かった。

 見送りのため後を追った屋良主席は、嘉手納基地でその時を迎えた。「あと1分」「あと10秒」。腕時計の針をじっと見詰めた。復帰の瞬間、車はクラクション、船は汽笛を鳴らすことになっていたが、飛行機の爆音がそれをかき消した。

15日午前0時。雨はやみ、街は静かだった。後方は琉球政府のあった行政府ビル。その瞬間、沖縄県庁となった=那覇市

 午前0時すぎ、最後の統治責任者で沖縄君臨の象徴だった高等弁務官は見送りの人たち一人一人と握手をし、特別機で沖縄を離れた。

 同じころ、宮里松正副主席は、日本武道館で開催される復帰記念式典に出席するため、東京へ向かう飛行機の中だった。集中豪雨のため出発が大幅に遅れ、羽田に着いたころには日付が変わっていた。

 「もうこんなものはいらない」と興奮気味にパスポートを提示した宮里に、入国管理官は「結構です。長い間ご苦労さまでした」と道を開けた。