沖縄タイムス+プラス プレミアム

周囲が暗くなり、一気に冷え込んだ午後7時…ファーストヒット! 3時間でタマンなど8匹ゲット

2021年5月15日 10:24

沖縄の釣り情報[有釣天]

座間味島で59・5センチ、2・6キロのタマンを釣った久手堅良太さん=3日

安謝海岸で45・5センチ、1・73キロのカーエーを釣った神谷颯さん=4日

三重城海岸で75センチ、6.87キロのマクブを釣った豊見永理喜さん(中央)=2日

泡瀬海岸で66.5センチ、2.6キロのオニヒラアジを釣った松村嘉剛さん=1日

安謝海岸で44・6センチ、2・17キロと42センチ、1・8キロのカーエーを釣った大城辰也さん=4日

塩屋海岸で42センチ、1・5キロのカーエーを釣った小橋川廉さん=5日

東海岸で121・5センチ、26・4キロのガーラを釣ったチェ・ウヨンさん=4月27日

運天港で75センチ、1・48キロのシルイチャーを釣った山庄こなさん=8日

座間味島で59・5センチ、2・6キロのタマンを釣った久手堅良太さん=3日 安謝海岸で45・5センチ、1・73キロのカーエーを釣った神谷颯さん=4日 三重城海岸で75センチ、6.87キロのマクブを釣った豊見永理喜さん(中央)=2日 泡瀬海岸で66.5センチ、2.6キロのオニヒラアジを釣った松村嘉剛さん=1日 安謝海岸で44・6センチ、2・17キロと42センチ、1・8キロのカーエーを釣った大城辰也さん=4日 塩屋海岸で42センチ、1・5キロのカーエーを釣った小橋川廉さん=5日 東海岸で121・5センチ、26・4キロのガーラを釣ったチェ・ウヨンさん=4月27日 運天港で75センチ、1・48キロのシルイチャーを釣った山庄こなさん=8日

 大型連休中、2泊3日の予定で座間味島遠征を計画した久手堅良太さん。事前に用意したシガヤーダコの餌に加え、現地で鮮度の良い魚の切り身を確保したいと、フカセ釣り用の仕掛けを準備した。

 1日午前、那覇発のフェリーに乗船して、昼に座間味港へ。さっそく港内でフカセ仕掛けを流して中型のトカジャーを数匹確保。日没前、ビーチに移動すると、500メートル以上続く長い砂浜の端にある岩場地帯に遠征の拠点を構えた。砂地にピトンを差し込み、水深5メートルある砂地帯に合計3本の仕掛けを投げ込むことに。中央の竿(さお)にはシガヤーダコの餌を掛け、両側の竿には昼間に釣ったトカジャーの切り身をセット。

 周囲が暗くなり、東風が強まり一気に冷え込んだ午後7時、魚の切り身を掛けた仕掛けにファーストヒット。その後、不思議と魚の餌を掛けた両側の竿にアタリが連発。同時ヒットも含め、3時間でタマンなど8匹をゲット。取り込み寸前に逃したタマンが3匹、やりとり中にバラしたガーラも含め内容の濃い遠征となった。

 毎年梅雨の前後に各地で釣果が頻発するカーエーを対象に、釣具店が企画するダービーが人気を呼んでいる。上位入賞の一定の目安となるサイズは45センチ以上、産卵期特有の重量ある1枚を求めて、各地の実績ポイントに連夜釣り人が繰り出している。

 大型連休中に今季のカーエー狙いをスタートさせた神谷颯さん。3日からの1週間で38センチ、38センチ、41センチ、45・5センチと順調に釣果を手にした。このうち、最大サイズとなる45センチオーバーを釣った4日夜、本命を手にするまでの話を聞いた。この日、午後から過去に1番実績の出たポイントを訪れるも、すでに先客が竿を出しているのを見て次の場所へ移動。2番目のポイントでもカーエー狙いの釣り人で場所が確保できず、最終的に2時間かけて安謝海岸の浅場に釣座を構えることにした。水深3メートルの岩場地帯、カーエーを狙う他の釣り人の間に入る形で、うねりの入る海面に仕掛けを投入。午後7時、海底から10センチ離したオキアミの餌をカーエーが捕食すると、1号の棒ウキがわずかに浮き上がった。鋭く竿を振り上げて口元にフッキング、45・5センチ、1・73キロのカーエーを釣り上げた。

 2日午後4時、夜釣りで釣果情報が好調なタマンを狙うため三重城海岸の水深4メートルの場所にシガヤーダコの餌を遠投した豊見永理喜さん。強い向かい風を受けて、同行した友人はルアーのキャストを諦め、2人で1本の打ち込み竿を見守る形となった。オモリ35号を使用した仕掛けは40メートル先に着水。1時間後、竿先がゆっくりと下がり、今まで見たこともない角度で曲がった。道糸とハリス12号なので、強引な引っ張りは危険と判断して、竿の反発力に任せて対抗した。逃げる魚の体力が減るのを待つこと15分、徐々に水面に浮上してきた75センチ、6・87キロのマクブを釣り上げた。(名嘉山博 釣りPower)

【沖縄の釣りに必携!】沖縄県の釣魚・水産物がほぼすべて分かる南の島のさかな図鑑

■沖縄さかな図鑑 Commercial Fishes and Shellfishes of Okinawa
■下瀬環(しもせ・たまき)著
■オールカラー、734種掲載!
■A5判/207ページ

ご注文はこちらまで

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。