政府の新型コロナウイルス対策の基本方針が決定直前に覆った。緊急事態宣言の対象に急きょ追加された北海道、岡山、広島の3道県の感染状況を巡り、専門家や知事が「強い措置」を訴えていたにもかかわらず、菅義偉首相は「まん延防止等重点措置」にとどめようとしていた。