田村憲久厚生労働相は14日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを追加で5千万回分、2500万人分の供給を今年9月までに受けることで同社と正式に契約したと明らかにした。既に結んでいた契約と合わせると1億9400万回分、9700万人分の同社製ワクチン確保のめどが立つ。