5・15平和行進実行委員会(委員長・山城博治沖縄平和運動センター議長)は15日、北中城村のキャンプ瑞慶覧石平ゲート前で平和集会を開いた。実行委員会を構成する自治労など15団体の代表約40人(主催者発表)が日本復帰から49年を経過しても変わらない沖縄の実情を訴えた。

基地のない沖縄を求め、気勢を上げる集会参加者=15日午前、北中城村・キャンプ瑞慶覧石平ゲート前

 山城委員長は「新型コロナウイルス感染症の影響で、代表者のみでの開催となったが、本来は大規模な集会を行う必要があった。特に近年、政府による戦争の準備が行われており、基地建設の最前線に立つ者として、反対の声を上げ続けていく必要がある」と強調した。

 例年は、沖縄が日本復帰した5月15日前後に「平和行進」を実施していた。今年は新型コロナの影響で縮小開催を検討したが、まん延防止等重点措置が適用されていることを考慮して2年連続での中止となった。