1972年の本土復帰から15日で49年となった沖縄県には、今も在日米軍専用施設の約7割が集中する。「日本政府や国民は沖縄の苦しみを分かっていない」。米軍基地で小学校教師を長年務めた那覇市の山里米子さん(86)は、戦争体験から基地撤去を願い「なぜ沖縄だけに押し付けるのか。不平等だ」と憤る。