沖縄タイムス+プラス ニュース

再び増加した感染者数 沖縄県は飲食店に注視 新型コロナ 検査した従業員は高い陽性率

2021年5月16日 12:00

 沖縄県内の新型コロナウイルス新規感染者が再び増加に転じている。県は飲食店での感染を一因に挙げる。県の「まん延防止等重点措置」による時短営業要請などで飲食店での感染者はいったん減少したものの、ここにきて増加の兆しが見えるという。(1面参照)

県の新型コロナ判断指標と現状

県内感染者の居住別状況

県の新型コロナ判断指標と現状 県内感染者の居住別状況

 県は感染拡大を防止するため、先月1日、飲食店と遊興施設に対し4度目の時短要請に踏み切った。同12日には、県内の一部にまん延防止等重点措置が適用された。午後8時までの営業時短を求め、徐々に飲食店での感染は落ち着いた。

 しかし大型連休後9~15日の1週間は、10日を除いて新規感染者が前週を上回った。その一因として県は飲食店での感染を注視する。糸数公医療技監は「感染経路が確定していない人の中で『居酒屋で飲んだ』といった例が増えてきている。ゴールデンウイークで感染の種がまかれた可能性がある」と言う。

 さらに県は15日、飲食店従業員を対象にした無料のPCR検査の結果を公表。一般より陽性率が高かったことも明らかにした。

 本島で3月27日から5月14日までに検査した1655人中22人が陽性。宮古島市では5月8、10、11の3日間で99人が検査し、1人が陽性だった。全体の陽性率は約1・3%で、県によると、一般の人は陽性率が0・1%程度という。

 検査した人の多くは無症状だったといい、糸数医療技監は「無症状のまま感染している人がある程度いるのが分かった。それが今、県全体の感染者数を押し上げる要因にもなっている」との認識を示した。

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。