沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の1972年生まれ「復帰っ子」 来年の復帰50年に向け映画製作へ 「結515」が活動展開

2021年5月16日 10:00

 お笑いコンビ「ガレッジセール」の川田広樹さんや「大御所風民謡歌手・護得久栄昇」として活躍する金城博之さんら、沖縄が日本に復帰した1972年に生まれた「復帰っ子」らによる団体「結515」が15日、発足した。来年の復帰50年に向けて、子どもの貧困問題をなくしていくための基金創設や沖縄戦体験者の証言を集めたドキュメンタリー映画製作など、さまざまな活動を展開する。

「復帰っ子」らでつくる企画団体「結515」の活動などについてアピールする、お笑いコンビ「ガレッジセール」の川田弘樹さん扮(ふん)する比嘉結武さん(左)と、護得久栄昇さん=15日、豊見城市・沖縄空手会館

「復帰っ子」らでつくる企画団体「結515」の活動などについてアピールする、お笑いコンビ「ガレッジセール」の川田弘樹さん扮(ふん)する比嘉結武さん(右から2人目)と、護得久栄昇さん(右端)=15日、豊見城市・沖縄空手会館

「復帰っ子」らでつくる企画団体「結515」の活動などについてアピールする、お笑いコンビ「ガレッジセール」の川田弘樹さん扮(ふん)する比嘉結武さん(左)と、護得久栄昇さん=15日、豊見城市・沖縄空手会館 「復帰っ子」らでつくる企画団体「結515」の活動などについてアピールする、お笑いコンビ「ガレッジセール」の川田弘樹さん扮(ふん)する比嘉結武さん(右から2人目)と、護得久栄昇さん(右端)=15日、豊見城市・沖縄空手会館

 豊見城市の沖縄空手会館で開いた記者会見で、同団体代表の比嘉盛也さんは「『復帰っ子』と言われ、来年50歳になる私たちに『何かできないか』と思ったのがきっかけ。1年だけでなく、続けていけるようみんなでアイデアを出し合い、仲間を集めながら進めたい」と話した。

 復帰50年にちなんだ「50円募金」や、沖縄と与論島の間で復帰前に開かれた海上集会の再現などを企画する。活動資金はクラウドファンディングなどの活用を想定している。

 空手の胴着姿で「比嘉結武(むすぶ)」というキャラクターに扮(ふん)した川田さんは「復帰後に生まれた人は、みんな復帰っ子。企画には復帰っ子の上も下もみんな集まってほしい」と呼び掛けた。募金活動は今月中にも開始予定。毎月15日に同団体のホームページで活動報告などをしていく。

沖縄の本土復帰にまつわるエピソードをお寄せください

 日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。復帰と共に歩んだ、とっておきの思い出の「品」や写真の情報も募ります。

 詳しくはこちらから。

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。