名古屋出入国在留管理局(名古屋市)に収容され、体調不良を訴えて死亡したスリランカ人女性のラスナヤケ・リヤナゲ・ウィシュマ・サンダマリさん(33)は、救急搬送された病院で受けた検査のCT画像で、肺炎が疑われる状態だったことが14日、分かった。  女性への管理局の対応は適切だったのか-。