沖縄県警警務部会計課は16日、石川署管内(うるま市石川、恩納村、金武町、宜野座村)の施設の敷地内で現金1千万円以上の落とし物があったと公表した。持ち主のなりすましを防ぐため、具体的な金額や落ちていた場所を明らかにしていない。

(資料写真)パトカー

 県警関係者によると、仕事中の男性(42)が現金を発見し、同日午前11時20分ごろ石川署に通報した。通報を受けて警察官3人が現場に急行。現金を確認した警察官らは「初めて見た」と驚いた様子で、すぐに石川署の「特別な金庫」に入れたという。

 一般的に、拾われて警察に届けられた物は、3カ月以内に持ち主が現れなかった場合、拾い手にその権利が渡る。県警は現金を拾った男性の受け取りの意思を明らかにしていない。