頭のてっぺんからつま先まで、細かく子どもたちを縛ってきた校則を、児童生徒が主体となって見直す動きが広がりつつある。NPO法人や教育委員会が、子どもと教職員らの対話を後押しするケースも出てきた。専門家...