参院厚生労働委員会の理事懇談会が17日に開かれ、13日の厚労委に約30分遅刻した三原じゅん子厚労副大臣が「大変申し訳ない」と謝罪した。同日には医師の働き方改革を進める医療法改正案を採決予定だったが、野党が三原氏の遅刻に抗議し見送られていた。

 三原じゅん子厚労副大臣

 理事懇談会では、18日に委員会を開き一般質疑をすることで合意。与党側は医療法改正案の質疑と採決もするよう提案したが、野党側の反対で引き続き協議することとなった。

 三原氏は13日午後、厚労省内の会合に出席しており委員会開始時に不在だった。厚労省の国会担当職員に会合出席が伝わっておらず、国会では一時所在が分からなかった。(共同通信)