1978年、病のため29歳で亡くなったフリージャズのサックス奏者、阿部薫。「破天荒の天才といった伝説的なイメージ」をまとう阿部について、ミュージシャンや作家、画家らがさまざまな角度から見つめた文章を集めた。  「阿部薫の痕跡や記憶の断片の集積」が形作る「独特の空気」について。