18日午前7時半ごろ、北九州市小倉南区下石田の県道で、路線バスが道路脇の電柱に衝突した。福岡県警小倉南署によると、男性運転手(50)と乗客11人の計12人が病院に搬送されたがいずれも軽傷。同署が事故原因を調べている。

 事故を起こし、レッカー車で運ばれる路線バス=18日午前10時15分ごろ、北九州市小倉南区

 署によると、事故を起こしたのは西鉄バスで、車内には運転手を含め計20人が乗っていた。近くにいた男性から「バスが電柱に衝突し、電柱が道路側に倒れかかっている」と110番があった。

 現場は北九州モノレール競馬場前駅の東約1・5キロにある片側1車線の直線。バスは左前部が大破し、電柱は根元からくの字に大きく折れ曲がっていた。(共同通信)