菅義偉首相は18日午前、建設アスベスト(石綿)訴訟の原告団・弁護団と官邸で面会した。最高裁が国の賠償責任を認める判決を出したことを受け「首相として責任を痛感し、真摯に反省し、政府を代表して心よりおわび申し上げます」と謝罪。原告団の考えを十分尊重し「早急に和解に向けた基本合意を締結したい」と伝えた。被害者1人当たり最大1300万円の和解金を支払う統一和解案を含めた今後の対応に理解を得たい考えだ。

 建設アスベスト訴訟の原告団らに謝罪する菅首相(右)=18日午前、首相官邸

 首相は「健康被害を受けた方々の長きにわたる負担や苦しみ、最愛の家族を失った悲しみは、察するに余りあり、言葉もない」とも述べた。(共同通信)