ボクシングのコロトコフ記念国際トーナメント(ロシア)で優勝した東京五輪代表らが18日、オンラインで記者会見し、男子ウエルター級の岡沢セオンは「この勢いで五輪に臨みたい。金メダルが100パーセントの確率で取れるように仕上げていく」と強豪ウズベキスタン選手らを破っての制覇に自信を示した。

 オンラインで記者会見する男子ウエルター級の岡沢セオン=18日

 女子でともに五輪メダル候補のフライ級の並木月海、フェザー級の入江聖奈は安定した試合運びで優勝した。並木は「海外選手ならではの距離感やパンチのタイミングがあり、研究していく」と本番を見据え、入江は「金メダルのために、自分のボクシングを煮詰めていく」ときっぱり話した。(共同通信)