トヨタ自動車は18日、世界的な半導体不足で、国内2工場の稼働を6月に3~8日間停止すると発表した。影響台数は約2万台の見込み。3車種で納期の遅れが出る可能性がある。半導体不足でトヨタの国内工場が生産を調整するのは初めて。

 トヨタ自動車の「ヤリス」

 自動車業界では減産が相次ぐものの、トヨタは強い調達力を背景に目立った影響を受けていなかった。今回、トヨタも回避できなかったことで、半導体不足の深刻さが改めて浮かび上がった。

 停止するのはいずれも生産子会社のトヨタ自動車東日本が手掛ける岩手工場(岩手県金ケ崎町)と宮城大衡工場(宮城県大衡村)の計3ライン。(共同通信)