沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ、沖縄近海に不時着 機体は大破…2人負傷か

2016年12月13日 23:48

 防衛省幹部によると13日夜、沖縄本島東沖合でオスプレイ1機が海上に不時着したとの情報が米軍を通じてあった。防衛省関係者によると、オスプレイは普天間飛行場所属で、搭乗していた5人は14日午前0時ごろに米側が全員救助したという。2人がけがをしている模様だ。沖縄県の翁長雄志知事はオスプレイ配備に反対しており、2012年の県内配備後、国内初の重大事故に県民の反発が高まるのは必至だ。

リーフ上に見える、不時着したとみられる大破したオスプレイ=14日午前0時30分ごろ、沖縄県名護市安部の沖合(伊集竜太郎撮影)

ライトを海面に照らしながら低空飛行するヘリ=13日午後11時5分、名護市安部

米軍の新型輸送機オスプレイ(資料写真)

リーフ上に見える、不時着したとみられる大破したオスプレイ=14日午前0時30分ごろ、沖縄県名護市安部の沖合(伊集竜太郎撮影) ライトを海面に照らしながら低空飛行するヘリ=13日午後11時5分、名護市安部 米軍の新型輸送機オスプレイ(資料写真)

 着水時の状況は分かっておらず、墜落したかなどは分かっていない。救助現場は名護市の東岸約1キロの洋上。名護市安部の海岸の浅瀬にオスプレイの残骸とみられる大破した機体が確認された。

 名護市安部沖合では、少なくとも米軍のオスプレイ2、3機が海面をライトで照らしながら捜索する様子を本紙記者が確認した。

 オスプレイは12年10月、普天間飛行場に配備された。開発段階から墜落事故が相次ぐなど安全性への懸念から、配備前の12年9月には配備に反対する10万人規模の県民大会が開かれたが、米軍が配備を強行した経緯がある。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS