トヨタ自動車は18日、世界的な半導体不足で、国内2工場の稼働を6月に3~8日間停止すると発表した。影響台数は約2万台の見込み。3車種で納期の遅れが出る可能性がある。半導体不足でトヨタの国内工場が生産を調整するのは初めて。