【八重瀬】八重瀬町議会は13日、開会した町議会12月定例会で、町唯一の公立保育所「新城保育所」の設置条例を廃止する条例を可決した。県内で例がない公立保育所全廃に向けた初の手続き。町議14人の採決は7対7の可否同数。上原勝彦議長が議長裁決で賛成し、賛成多数とした。