沖縄県の与那国島で4月下旬から、飼い犬の不審死が計10頭相次いで見つかった。いずれも自宅の庭など屋外で飼われており、嘔吐(おうと)や下痢を繰り返した末に死に至ったという。外傷はない。与那国町は今後も発生する可能性があることから、5月18日から防災無線を通して飼い主に注意を呼び掛けている。八重山署は事件・事故の両面から調べている。

与那国島

 一般住民から17日に、町と与那国駐在所の双方に情報提供があり、町祖納の10世帯の飼い犬10頭が相次いで死んだことが発覚した。町が飼い主から症状を聞いたところ、急に餌を食べなくなり、3日~1週間のうちに死んだという。嘔吐や下痢には血が混じっているケースもあった。

 猫1頭も同様に死んでいたとの情報もある。死体は19日までに全て飼い主が埋葬しており、「死因は調べようがない」(町の担当者)という。