沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長沖縄知事「不安が現実に」 オスプレイ事故、墜落と認識

2016年12月14日 12:44

 沖縄県名護市安部海岸でのオスプレイ墜落事故を受け、翁長雄志知事は14日午前、沖縄県庁に沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長と外務省沖縄事務所の川田司大使を呼び、抗議した。知事は県民が配備に反対する中での事故に「怒りを禁じ得ない」と述べ、飛行停止と配備撤回を求めた。川田、中嶋両氏からの謝罪はなかった。

オスプレイの飛行停止を求め(左から)中嶋浩一郎沖縄防衛局長、川田司外務省沖縄担当大使に抗議文を手渡す翁長雄志知事(右)=14日午前、県庁

 翁長知事は、米側や日本政府が事故を「不時着水」と発表していることに「機体が大破しており、県としては墜落と認識している」と指摘。県民のオスプレイへの不安が払拭されておらず、配備撤回を求めてきたとした上で、「その不安が現実のものとなり、大きな衝撃を受けた」と語った。

 中嶋氏と川田氏は知事との会談に先立ちニコルソン米四軍調整官と会い、抗議したことを説明。ニコルソン氏は、オスプレイはKC130空中給油機との給油訓練後、機体に不具合が起き、普天間飛行場への帰還を断念、人命に影響を与えないよう海上に不時着したと説明したという。記者団の「謝罪はしないか」の質問には無言だった。 

 また、翁長知事は22日の北部訓練場返還式典に関し「県民感情からすると許されるものではない」と述べ、開催を見直すべきだとも強調した。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS