【東京】安全保障上重要な施設周辺の土地利用を規制する法案を巡り、自民党の杉田水脈氏は21日の衆院内閣委員会で、名護市辺野古の新基地建設に対する抗議活動に参加する市民が食べる「弁当」を例に挙げ、法案の適用対象に活動から派生する影響なども考慮するよう求めた。