沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ事故・識者に聞く 頼和太郎さん(リムピース編集長)夜間の給油、危険性大

2016年12月15日 15:00

 不時着と言いながら、なぜ機体があそこまで壊れるのか。相当なスピードで海面、磯にたたきつけられたと考えられる。これを墜落と言わずに何と言うのか、というのが率直な感想だ。

頼和太郎さん

 エンジンやプロペラに異常が起きた際の最後の手段、オートローテーション(自動回転)が効かないことが姿勢を保ちながらも水面にたたきつけられた原因だろう。

 機体が重すぎること、特に今回は搭乗員が5人で、満杯ではなかったのにこんな落ち方をしたところにオスプレイの抱える物理的、力学的な弱点が改めて浮き彫りになった。

 空中給油は、給油する機体と給油される機体がホースやブームの長さまで接近する。複雑な気流の影響や、ちょっとの判断ミスで空中衝突につながる。ましてや夜間にライトだけを頼りに距離を縮めるのは、危険極まりない。

 空中給油の訓練中は、ある程度の空域を確保する必要がある。軍事空域に囲まれた沖縄がやりやすく、KC130空中給油機が岩国に移転したとはいえ、沖縄での訓練は続くだろう。今回のような事故のとばっちりを陸上の施設や住民が受ける二次的な被害が発生しやすい、と言える。(談)

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS