那覇署は18日、那覇市安里の飲食店の窓ガラスを割るなどして侵入し、店の金約2万5千円を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで、那覇市の自称型枠解体工の少年(18)を逮捕した。調べに「金を盗んだことは間違いありません」と容疑を認めているという。

(資料写真)パトカー

 被害店舗は同市安里の栄町市場内。市場では4月下旬から5月上旬にかけて空き巣被害が相次いでいた。

 同署によると、逮捕容疑は5日午前7時ごろ~6日午前7時35分ごろの間、同市安里の飲食店舗に窓ガラスを割るなどして侵入し、店の金などを盗んだ疑い。