宮古島市の陸上自衛隊駐屯地の用地売却を巡る贈収賄事件で、那覇地検は23日、前市長の下地敏彦容疑者(75)=収賄容疑で逮捕=の自衛隊配備受け入れ表明で土地売却ができたことの謝礼として敏彦容疑者に現金600万円を支払ったとして、地権者で会社役員の男(64)を贈賄の罪で起訴した。

贈収賄事件の構図

 起訴状によると、会社役員の男は2018年5月24日、東京都内で、敏彦容疑者に現金600万円を渡した疑いがある。敏彦容疑者が自衛隊配備の受け入れ表明をしたことで被告の男が経営するゴルフ場「千代田カントリークラブ(CC)」の土地を売却することができた謝礼として現金が渡されたという。