沖縄タイムス+プラス ニュース

「緊急事態」の沖縄、人出は変わったのか 初日のモノレール駅を分析

2021年5月25日 11:11

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、沖縄県内は23日から再び緊急事態宣言に伴う自粛に入った。県は、酒類を出す店への休業要請や県立施設の閉館など厳しい措置を取るが、人出は変わったのか。宣言初日となった23日の県内主要駅の人出を分析した。

県内主要駅の人出の変化

 ソフトバンクの子会社「アグープ」は、スマートフォンの位置情報を基に、駅の半径500メートル範囲などで1時間ごとの平均人口を調査。本紙はアグープからデータの提供を受けて、過去の緊急事態宣言時と比較。宣言直後の日曜日の人出をそれぞれ抽出した。

 23日の人出をみると、沖縄都市モノレール(ゆいレール)の那覇空港駅(那覇市)の午後3時台は、昨年8月や今年1月よりは減ったが、県内で最初に緊急事態宣言が出た昨年4月の倍以上。午後8時台は昨年4月の6・6倍で、過去の宣言時の中で最も多かった。

 同モノレールの牧志駅(那覇市)の午後3時台も、昨年4月の1・4倍を記録した。昨年8月や今年1月よりも大幅に増加。午後8時台も1万4千人で午後3時台とほぼ変わらず、宣言の初日の動きを見る限り、その効果も薄れていると言えそうだ。

 宣言初日の人の流れについて、県感染症対策課の担当者は「宣言の目的には人の流れの抑制も入っている。1日だけの数値では評価は難しいが、週末にかけてどう変わるのか。変化を注視したい」と話す。(社会部・山中由睦)

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。