市制100年を迎えた那覇市役所で25日、年配の夫妻が100万円を寄付し、名乗らずに立ち去った。現金は「御祝」と書かれたのし袋に入っており、「教育・福祉行政等にでもお役立てくだされば幸いです。那覇市政のますますのご発展をお祈り致します」と書かれた手紙が添えられていた。

那覇市に寄せられた100万円の現金と共に入っていた手紙=26日、市役所

 26日の定例会見で発表した城間幹子市長によると、受け取った総務課の職員が後を追って名前を尋ねたが「100周年だよね、おめでとう。一筆添えてあるから」とだけ伝えられた。夫妻からは「コロナ対策でお忙しい中、お手を煩わせてごめんなさいね」と気遣いの言葉まであったという。

 城間市長は「ご夫妻の思いを受け止め、次の100年に向け、全力で市政運営に取り組んでいくことを改めて決意した」と感謝した。