沖縄県名護市辺野古の新基地建設に関し、沖縄防衛局に環境対策を助言する環境監視等委員会の委員らが、「沖縄のジュゴンが絶滅した」として、環境省などの評価と食い違う内容の論文を投稿していることに、県庁内からは委員の妥当性に疑問の声が上がった。