「かっこいい。私もできるようになりたい」。先に入門した弟の稽古風景を見学したのがきっかけで、小学1年生ごろから空手を始めて約9年になる。現在3級。引っ込み思案で泣き虫な性格もあり、突きなどが苦手だった。しかし高学年に出た大会で、「組手の楽しさに目覚めて自信が生まれ、心も強くなった」と振り返る。