沖縄県警は30日、国の持続化給付金100万円の受給を虚偽申請し、共犯者の20代男性の金融機関口座に振り込ませたとして、指定暴力団旭琉會二代目一心一家構成員で自称無職の容疑者(51)と、指定暴力団旭琉會二代目沖島一家構成員で無職の容疑者(31)を詐欺容疑で逮捕した。

沖縄県警のパトカー

 県警は捜査に支障があるとして、2人の認否を明らかにしていない。持続化給付金の不正受給を巡る県内の逮捕者は計16人となり、暴力団関係者の逮捕は県内では初めて。県警は組織的に犯行が行われたかを含めて慎重に捜査を進める。

 逮捕容疑は昨年7月1~7日、共謀した上で、申請書類の職業欄を虚偽記載するなどして給付金を本島在住の20代の会社員男性の口座に振り込ませた疑い。男性は容疑者の親族で県警は今後、男性を詐欺容疑で書類送検する予定。

 県警によると、両容疑者は、持続化給付金をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた税理士・行政書士の被告(51)とも共謀していたといい、県警は余罪があるかどうかなどを含め、捜査を続ける方針。