[まぶたの裏の美田 「伊佐浜」強制接収の記憶](中) 仲村元惟さん(84)

 「人間、不思議なものでね。どんな家にどんな家族が住んでいたか、今でもはっきり覚えている。はだしで歩いた田んぼのあぜ道さえ、頭の中には残っているんです」

 米軍がキャンプ・瑞慶覧建設のために強制接収した宜野湾村(当時)伊佐浜集落の出身、澤岻安一さん(98)は言う。

 沖縄戦を生きた住民が収容所から...