沖縄タイムス+プラス ニュース

「ついに来たか」「安心した」と保護者 コロナ拡大の石垣島で休校 勉強や留守番が心配

2021年6月1日 06:28

 「これ以上は何としても抑えたい」。新型コロナウイルス感染拡大が続く沖縄県石垣市が31日、独自の非常事態宣言に踏み切った。この日の陽性者は25人と最多を更新し、中山義隆市長は「市中感染が広がっている可能性がある」と危機感を募らせる。約2週間の臨時休校が発表され、児童・生徒の保護者からは驚きの声が上がる。増え続ける感染者数を横目に「休ませようと思っていた」などと歓迎する声もあった。

(資料写真)石垣市内

 市役所で急きょ開かれた記者会見。宣言を発表する場で中山市長は再三、市民へ協力を呼び掛けた。感染拡大の背景にあるとみているのは、休業要請に応じない飲食店や市民同士の模合、バーベキュー。「今まで以上の行動自粛を徹底してほしい。皆で力を合わせて2週間我慢し、感染を抑えたい」。言葉に焦燥感がにじむ。

 「石垣市内で(最多の)25人が感染していると聞いて驚いた。ついに来たかという感じ」。中学生2人と小学生の子がいる自営業の前仲優貴さん(36)は、臨時休校も「仕方ない」と受け止める。「これだけの感染が広がっていると、学校に行かせるのも心配だった。いざ休校となると、勉強面や子どもたちだけの留守番も心配になる」と複雑な心境を明かした。

 小学生2人と中学生、保育園生の子がいる飲食業の玉城健太さん(44)は、子どもたちから学校での感染状況などを聞いて心配していた。「休校にならないかなと思っていた。もしくは自主的に休ませようかなと思っていたところだった」と休校を歓迎する。勤務する飲食店も、国の緊急事態宣言に合わせて22日から休業中。「以前の一斉休校の時と同じように、子どもたちと家の中でじっと我慢するしかない。経済的なことを考えれば、仕事もしたいが、我慢の時。これで感染拡大が収まってくれれば」と願った。

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。