大同火災海上保険(与儀達樹社長)が31日発表した2021年3月期の決算は、売上高に当たる正味収入保険料が前期比2・3%減の167億2500万円、当期純利益が0・3%減の3億5200万円となり、10年ぶりの減収減益となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、収入となる保険料が減少。