若年で妊娠した少女らを支える一般社団法人「おきなわ子ども未来ネットワーク」が、沖縄タイムス社のクラウドファンディング(CF)サイト「Link-U(リンクユー)」を通して募っている寄付が5月30日で400万円を超えた。居場所のない若年妊産婦を一定期間受け入れる本島中部の施設「まりやハウス 風のいえ」の運営資金などに充てる。

「まりやハウス 風のいえ」に届いた子ども服や絵本の一部=5月26日(おきなわ子ども未来ネットワーク提供)

 5月初旬に施設開設を記者発表して以降、乳児や妊婦用の服やチャイルドシート、おむつ、絵本などが続々と届いている。當山恭子施設長は「法人の事業目的を理解くださり感謝したい。支援物資は施設内だけでなく、退所する際に新たに買いそろえないといけない物があれば利用者に提供し、地域に戻って安心した生活を送ってもらうために活用したい」とコメントした。

 CFの目標額は500万円。7月22日締め切り。5月31日午後7時半現在で、280人から405万円余りが寄せられており、達成率は81%。

プロジェクトはこちらから確認できます。
https://a-port.asahi.com/okinawatimes/projects/okinawa-mirai/